忍者ブログ
ADMINWRITE
                                                                                                      音楽と言うものは古いものでも新しいものでも                                                       良さはその聴いた人が感じるもの                                                                                      時代や世代に関係なく心に響く音楽・・・                                                                                  いつまでも変わらぬものですね^^
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

024~025 ♪ 25 or 6 to 4(長い夜)

♪ Hard to Say I'm Sorry/Get Away

(素直になれなくて)

          ~Chicago


Chicagoといえば、「素直になれなくて」が大ヒットしてメジャーになった印象がありますが、これとはまったく雰囲気の違う「長い夜」が最初にヒットしたんです
元々はブラスロックと言えるホーンセクションを取り入れたサウンドで、近いものにBlood, Sweat & Tearsなんかがありますね

バンドとしてとてもレベルの高いもので、渋さがあったのが初期のChicago
ソフトなポピュラー感のある、聴きやすくなったものが後期のChicago
だから聴く人は2分されるんじゃないでしょうか?

余談ですが、私はいろいろな楽器を演奏するのですが、ピアノに至っては1曲通して弾けるものがまずないのです(^-^;
しかし、高校の選択科目の音楽の授業で初めて1曲通して弾いたのがこの「素直になれなくて」でした
もちろん弾き語りですよ~
今はもうイントロのみしか弾けないなぁ~(^^ゞ

ポチッと押してねぇ~^^
にほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
PR
022 ♪ Black Licorice

        ~Grand Funk

伝説の大御所バンドの登場です
理想的と言っているのはトリオ編成でバンドをやるのが私も好きだったからなんですが、このGrand Funk(1972~1976の間だけで、その前後はGrand Funk Railroad)はキーボードがいて4人というときもありました
でも音楽的にも理想的でバンドスタイルと曲風を合わせて私にとってはベストな存在です

リアルタイムでは印象がないものの、高校時代から有線放送で「あ、いいなぁ~」と思って問い合わせるとGrand Funkだったということが2回ありました
最初が「Heartbreaker」
2回目が「Inside Looking Out(孤独の叫び)」
でした
そして、今私がGrand Funkで最も好きな曲がこの「Black Licorice」なのです
短い曲なのですが、キーボードの分厚い演奏が絡んだ中では1番ですね
特に→で紹介しているオリジナルアルバムよりもライヴアルバムの「Caught in the Act」の方がいいです

伝説のと言っているのは来日公演だった後楽園球場でのライヴが豪雨の中だったにもかかわらず素晴らしいパフォーマンスだったと言われているからです
これは1971年のことで、当時4歳の私には無縁でしたが、1997年?の来日公演はすかさず見に行きました!
カッコよかったぁ~まさに26年振りの来日だったので貴重なもの見れました!

ちなみに井上陽水「傘がない」は彼らの「Heartbreaker」を模倣して作られたらしい

ポチッと押してねぇ~^^
にほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
021 ♪ Crazy on You~Heart

大好きなこの曲から今回のブログのタイトルをつけました
Heartと言えばやっぱりアルバム『HEART』からが有名ですが、売れない時代が結構長かった人たちです
そしてその初期の曲になるこの「Crazy on You」はアコギで始まる印象的でカッコいいイントロ、Ann Wilsonの幅のある声、シンプルだけど渋いギタープレイ…
いやぁ~いい!

大学生の頃、武道館ライヴに行った時、Nancy Wilsonがこの曲のイントロを弾きながら袖から出てきたときは鳥肌が立ち、大興奮したものです
Heartは是非いろいろ聴いて欲しいですね

ポチッと押してねぇ~^^
にほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
017 ♪ My Sharona~The Knack

一発屋で海外と言えばやっぱりこれでしょ?
でもめっちゃ売れましたけどね~
あのリズムはインパクトありますからね
でも映画「リアリティ・バイツ」(ウィノナ・ライダー主演)で使われたり、最近でもTVCM等でもよく聴きますね

彼らの音楽はこの曲のインパクトが強すぎますが、アルバムを聴いてみると結構パンクっぽいかな?
今頃どこでどうしてるのやら…

ポチッと押してねぇ~^^
にほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
015 ♪ Wheel in the Sky~Journey

Journeyは産業ロックと言われるようになった時代の代表的なバンドですが、彼らの初期の曲を御存知ですか?
結構渋いスタンダードなロックをやってたんですよ
もちろん彼らがトップに登り詰めたのは最盛期のメンバーだからこそかも知れませんが、何と言ってもSteve Perryのヴォーカルが大きかったと思います

どうしても最盛期のアルバム『Escape』『Frontiers』の印象が強くみなさんも1番よく聴かれると思います
最近では映画「海猿」「Open Arms」が使われたりもしましたからね

今回御紹介しているこの曲は私がJourneyで最も好きな曲です
みなさんはどうでしょうか?

ポチッと押してねぇ~^^
にほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/08 Shannon@Feel Fine ]
[05/06 JUNE@Vo&P]
[04/06 茶○です]
[04/06 流れ星]
[03/29 lefty]
[03/25 流れ星]
[03/12 JUNE@Vo&P]
[03/09 流れ星]
[03/09 茶谷涼介]
[03/08 茶谷涼介]
最新トラックバック
お友達リンク
音楽関連のお友達を紹介しています
mimiyuyu通信
 音楽だけではなく話題も豊富でとっても楽しいみみゆゆちゃんのブログ

硬岩乃讌
 アルバム単位でたくさんのHR/HMを紹介しているアメリカ在住のパグジー先生のブログ

シッポとタマゴ
 音楽大好きで可愛い8匹のダックスのオーナー紫らいおんちゃんのブログ

思い出の音楽
 幅広く音楽を好むゆき吉さんのブログ

ペイゾー's Web Site
 ギターコレクションがちょっと羨ましい(笑)ペイゾーさんのブログ

memory of the music
 結構幅広く洋楽を聴かれていておいらのツボにハマってしまうことも多い流れ星さんのブログ

Feel Fine
 自称ひよっ子らしいけど、好みがとっても近いShannonさんのブログ

茶谷涼介 In 簾舞中
 ギターに夢中で、既に素晴らしいプレイが可能な驚きの中学生茶谷くんのブログ

◆◇◆ EXPLOSION ◆◇◆
 その雰囲気とは裏腹に?(笑)普通の可愛い&楽しい女の子の一面を垣間見せてくれる女性ロックバンドCrazy PinkのキーボーディストKEIKOさんのブログ

Vocalist 海老原淳子の Smiling Avenue
 お酒でも呑みながらしっとりした雰囲気で聴きたいいわゆるスタンダードのヴォーカリスト海老原淳子さんのブログ
ペット3匹衆
プロフィール
HN:
John
年齢:
52
HP:
性別:
男性
誕生日:
1967/04/18
趣味:
音楽全般
お天気情報

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ Crazy 音 遊 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]