忍者ブログ
ADMINWRITE
                                                                                                      音楽と言うものは古いものでも新しいものでも                                                       良さはその聴いた人が感じるもの                                                                                      時代や世代に関係なく心に響く音楽・・・                                                                                  いつまでも変わらぬものですね^^
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

059~060 ♪ Saturday Night's Alright

          for Fighting

♪ Goodbye Yellow Brick Road

          ~Elton John


前回のBilly Joelの登場でこれまで同じような感じで聴かれてきたと思われるElton Johnですが、日本では近年TVドラマ「イグアナの娘」「Your Song」が使われたり、あのダイアナ妃が亡くなったときにElton Johnが彼女に送った「Candle in the wind」(歌詞は書き直されて1997ヴァージョンとしている)などが改めて評価された(後者は世界的に)が、それだけだったかも知れない
ダイアナ妃が亡くなったこのときをきっかけにこの曲を知った方、この曲はそもそもサブタイトルがあって、それが

Goodbye Norma Jeane

です
Norma Jeane=Marilyn Monroe
そう、あのマリリン・モンローに捧げた追悼歌だったのです
彼にとって慈しむべき女性に送る曲として存在しているのでしょうね

彼は1969年代から音楽界で活躍しており男性ソロアーティストとしては大成功を収めた一人である
楽曲はバラードからロックまで幅広く、基本的にピアノを弾きながら歌うことが多い
パフォーマンスも派手だが、何と言ってもサイケデリックな衣装が何とも印象的である
彼の詳細はここでは語り切れないので興味のある方はこちらを御覧になってください

Billy Joelに取って代わられた感はあるものの、彼らは近年ジョイントコンサートも行っている
Billy Joelが世界的に成功を収めたのもこのElton Johnがいたからかも知れないですね

ポチッと押してねぇ~^^
にほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
PR
057~058 ♪ Just the Way You Are

  (素顔のままで)

♪ Stranger

~Billy Joel

いろんな世界で聞く世代交代という言葉…
音楽界にもありますね~
今回は私が思う音楽界の世代交代を掲載したいと思います

Billy Joel

彼は1971年に1度『Cold Spring Harbor』でデビューしているがレコード会社が回転速度を上げて発売、本人の声とは思えない状態で世間に知られるという信じられない現実があり、持病だった鬱病を悪化させ一時活動しなくなりますが、2年後1973年に2ndアルバム『Piano Man』をリリース、ゴールドディスクに認定される成功を収めています。
その後『Streetlife Serenade』『Turnstiles(ニューヨーク物語)』の2枚を経て、ついに彼を一流のミュージシャンに押し上げたといいても過言ではないプロデューサーPhil Ramoneによって1977年このアルバム『Stranger』をリリース1000万枚を売り上げダイアモンドディスクとなる大成功を収めた

その後はみなさんもだいたい御存知なのではないでしょうか?

ピックアップした曲は私が1番好きでピアノでよく練習した「Just the Way You Are(素顔のままで)」と大ヒット曲「Stranger」です

さて、今回の世代交代に関してなんですが、私の感覚では1970年代から1980年代にかけてBilly Joelが登場したことであのElton Johnの影が薄くなったと思うのですがそれは私だけでしょうか?
結構似てる気がするんですが…

このあとのPart.2ではそのElton Johnを御紹介しますね

ポチッと押してねぇ~^^
にほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
056 ♪ Private Eyes

   ~Daryl Hall & John Oates


今回は結構誰もが知ってるこの人たちです
でも彼らが一線級のアーティストの仲間入りをしたのはこの曲辺りからなんじゃないでしょうか
これ以前の曲なんかはいかにもデュオって感じでヴォーカルを全面に押し出す感じが多かった
でもそれがセールス的には弱い面があったんでしょうね
このアルバムからは演奏を含めて全体的にノリがよくなり、より聴きやすくなったという感じで全米でもNo.1ヒットを出すようになるのでした
今では完全にベテランの域に達しましたが、一時Daryl Hallのソロ活動が目立ってましたが、後に再結成、現在でも精力的に活動しているようです

ポチッと押してねぇ~^^
にほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
055 ♪ Harden My Heart

   (ミスティー・ハート)

          ~Quarter Flash


正直この1曲だけでした…
そしてこの1曲もめちゃくちゃ売れたってワケではありませんが、前回のMen at Work同様サックスが印象的な曲です
ヴォーカルは女性なんですがなかなか渋い曲ですよ~
アルバムは期待せずに聴きましたが、いかにも1980年代のサウンドって感じで、期待以上のものでした

旧ブログでは案外反応があってビックリしました
それなりに1980年代の名曲と思っていいのかも知れませんね

ポチッと押してねぇ~^^
にほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
048 ♪ Cruising for Bruising~Basia

私はこれまでにいろんなコンサートに行きましたが、前売りチケットを買ってたのに行くことが出来なかったのはこのBasiaの東京ベイNKホールの来日公演だけでした
これまで海外の女性アーティストは彼女以外でAnthenaBelinda Carlisleだけですが、これらはすべて一人で見に行きました(一応Heartもか?)
Belinda Carlisleは前から5列目で見れたんですが、小さくて可愛い人でした

さて、Basiaはソロの前にMatt Biancoにいたのですが、正直あまり聴かなかったですね
でも彼女のソロはMatt Biancoの雰囲気を残しつつもとっても聴きやすくちょっとシックな感じで落ち着く感じと、リズミカルなものがうまく構成されていてなかなかの作品ばかりです
今回紹介している「Cruising for Bruising」はシックな曲風のものです
ドライヴなんかのお供にいかがでしょう

ポチッと押してねぇ~^^
にほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/08 Shannon@Feel Fine ]
[05/06 JUNE@Vo&P]
[04/06 茶○です]
[04/06 流れ星]
[03/29 lefty]
[03/25 流れ星]
[03/12 JUNE@Vo&P]
[03/09 流れ星]
[03/09 茶谷涼介]
[03/08 茶谷涼介]
最新トラックバック
お友達リンク
音楽関連のお友達を紹介しています
mimiyuyu通信
 音楽だけではなく話題も豊富でとっても楽しいみみゆゆちゃんのブログ

硬岩乃讌
 アルバム単位でたくさんのHR/HMを紹介しているアメリカ在住のパグジー先生のブログ

シッポとタマゴ
 音楽大好きで可愛い8匹のダックスのオーナー紫らいおんちゃんのブログ

思い出の音楽
 幅広く音楽を好むゆき吉さんのブログ

ペイゾー's Web Site
 ギターコレクションがちょっと羨ましい(笑)ペイゾーさんのブログ

memory of the music
 結構幅広く洋楽を聴かれていておいらのツボにハマってしまうことも多い流れ星さんのブログ

Feel Fine
 自称ひよっ子らしいけど、好みがとっても近いShannonさんのブログ

茶谷涼介 In 簾舞中
 ギターに夢中で、既に素晴らしいプレイが可能な驚きの中学生茶谷くんのブログ

◆◇◆ EXPLOSION ◆◇◆
 その雰囲気とは裏腹に?(笑)普通の可愛い&楽しい女の子の一面を垣間見せてくれる女性ロックバンドCrazy PinkのキーボーディストKEIKOさんのブログ

Vocalist 海老原淳子の Smiling Avenue
 お酒でも呑みながらしっとりした雰囲気で聴きたいいわゆるスタンダードのヴォーカリスト海老原淳子さんのブログ
ペット3匹衆
プロフィール
HN:
John
年齢:
52
HP:
性別:
男性
誕生日:
1967/04/18
趣味:
音楽全般
お天気情報

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ Crazy 音 遊 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]