忍者ブログ
ADMINWRITE
                                                                                                      音楽と言うものは古いものでも新しいものでも                                                       良さはその聴いた人が感じるもの                                                                                      時代や世代に関係なく心に響く音楽・・・                                                                                  いつまでも変わらぬものですね^^
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

113~115♪ Live Wire

♪ Too Young to Fall in Love

♪ Home Sweet Home

          ~Motley Crue


結構カッコよかったバンドだったなぁ~
といっても本格的に売れ出した頃には聴かなくなったけど…笑
今回の選曲にもあるようにおいらは初期の、特に1st&2ndあたりのMotley Crueが好きでした
特にテクニックに優れたメンバーがいるわけでもなかったけど、特にドラマーTommy Leeのパフォーマンスがよかったなぁ~
Vince Neilの声はこのバンドに合ってたし、ベースのNikki Sixxも渋かったし、Mick Marsは明らかに老けてたし(笑)
とてもバランスのいいバンドだった気がします
おいらは今回紹介している「Live Wire」だけはどうしても歌いたくて1回だけライヴでやりました
もちろん水ですがプハァ~ッと吹きました(*^^)v

前回の記事で紹介したVince NeilSteve Stevensに完全に喰われてしまっているので、ついでと言ってはなんですが彼のよかった時代をちゃんと紹介しました
「Live Wire」だけはPVつけますね~(^^♪



ポチッと押してねぇ~^^
にほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

PR
112 ♪ Look in Her Eyes~Vince Neil

正直言ってこの合体は意表を突かれました
Atomic Playboysが1枚きりで音沙汰がなくなり、果たしてSteve Stevensはどうするんだ?と思っていたら、Vince Neilと活動開始、この『Exposed』をリリースとなり当然発売と同時に飛びついたわけですが…
はい、仕上がりはSteve Stevens色にしっかり出来上がってました
決してVinceのヴォーカルが悪いわけではないのですが、おそらくMotley Crueファンには受け入れにくいものだったんじゃないでしょうか?
話題性としては一般的にVinceの方があったようですが、ギタリストにとってはやはりSteve Stevensの復帰の方が興味深かったでしょうね
結局このコンビもこの1枚きりでしたし、企画もの的要素は拭いきれなかったですね

Steve Stevens…彼はロック界のケンドー・カシンなのか?
それともギタリスト版Graham Bonnetなのか?
意味不明ですか?すみません…笑
いずれにしてもこの人は渡り鳥的素晴らしいプレイヤーであることだけは間違いないです
近年はまたBilly Idolと活動していたみたいですがまた何か派手なことして欲しい…
そんな気持ちにさせられるのがSteve Stevensだと思っています

ポチッと押してねぇ~^^
にほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

110~111♪ Atomic Playboys

♪ Soul on Ice

        ~Atomic Playboys


Steve Stevens第3弾です
いよいよソロプロジェクト…実質彼のソロアルバム的なものがリリ-スされたわけですが、このアルバムが出た直後毎年学園祭のみのプロジェクトバンドのメンバーからその年の計画が…
そう、なんと「Steve Stevensをやるぞぉ~」って^^
この学園祭オンリーのバンドは4年活動したのですがこのときが2年目で1年目はGuns 'n' RosesAC/DCなど、3年目はExtremeSkid Row、4年目はTOTOなど(この年に何故かPlease Don't Leave Meも…笑)ってな感じです

さて、とりあえず今回は学園祭でもやった曲を2曲御紹介していますが、アルバムを通してとてもいい出来に仕上がっていて、なかなか期待以上の作品です
とても彼らしさが出ているアルバムでたっぷり彼の演奏が聴けることだけでも満足なのにコピーまでやることになるとは…ただ、このバンドはおいらはヴォーカルだったんですけどね(^^ゞ

このAtomic Playboysというクレジットでは1回だけだったのが残念でしたが、もちろんこれで彼が終わったわけではないので一応次回が最終になりますがお楽しみに~(^^♪

ポチッと押してねぇ~^^
にほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

073♪ Crash 'N' Burn~Don Dokken

正直言ってあまり期待していませんでした、このアルバム…
っていうのは、おいらはさほどDokkenは目一杯聴いていなかったからです
曲としては「Alone Again」を聴いたときHR/HMバンドにしては甘いトーンのヴォーカルだなぁ~と思いながらこの声はええかも?って感じて『Back for the Attack』だけは買って聴き込みました
当時おいらは浪人中でしたが「Kiss of Death」を離れの自分の部屋で思いっ切り歌ってたもんです~笑

さて、このアルバムなんですが、Don Dokkenだけじゃなく、ギターにJohn Norum(Europe)だったから聴こうと思いました
オープニングのこの曲でいきなり「カッコええ~~~」と思ったなぁ~
キーボード色のなくなったEuropeって感じに仕上がっていますね
このドッキングはかなりGoodだったと思いますが、長続きしなかったですね~
っていうか、とき既に遅しだったのかも知れません
せめてもう5年早かったら…そんな気がしてなりません
この「Crash 'N' Burn」おいらにとっては満点の曲です~(^^♪

ポチッと押してねぇ~^^
にほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

068 ♪ I Surrender~Rainbow







069.jpg ♪ I Surrender~Concerto Moon





1980年代はPopsだけじゃありません
HR/HM界ではこの「I Surrender」が意外と売れましたね~
これはRainbowにとってもカヴァーになるわけですが、実はRainbow・・・というか、Ritchie Blackmoreって人はアルバムで聴くよりもライヴで聴く方がええもんが結構あるんですよ~
その一つがこの曲なんですが、1984年Japan Tourでの「I Surrender」はめっちゃカッコいいんです!これは映像でも残っていますし、アルバム「Final Vinal」にも収録されています
そしておいらがバンド活動している頃そのライヴヴァージョンで1度はやりたかったのですが、実現しないまま終わってしまいました
ところが!ところがです!

天才は忘れた頃にやって来ました!
(ホンマは天災ですけどね…(^^ゞ)

日本にすごいギタリストがこのHR/HMの存在が薄くなった頃に現れました!
Concerto Moon島紀史というギタリストです
彼のギターはは誰が聴いてもRitchie&Yngwieを崇拝しているプレイです
そんなConcerto MoonのアルバムのBonus Trackの中にこの「I Surrender」があったんです
同じく収録されていた「Hiroshima Monamour」より何となく気になってはいたんですが…
実際聴いてみてビックリ!&大笑いでしたよ!
だっておいらがやりたかったあの1984年Japan Tourのプレイを完コピなんです!
いやぁ~まいりましたぁ~
バンドの曲ももちろんカッコええんやけど何よりこの「I Surrender」がインパクトでした
まぁ聴いてみてくださいよ~(^^♪

ポチッと押してねぇ~^^
にほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/08 Shannon@Feel Fine ]
[05/06 JUNE@Vo&P]
[04/06 茶○です]
[04/06 流れ星]
[03/29 lefty]
[03/25 流れ星]
[03/12 JUNE@Vo&P]
[03/09 流れ星]
[03/09 茶谷涼介]
[03/08 茶谷涼介]
最新トラックバック
お友達リンク
音楽関連のお友達を紹介しています
mimiyuyu通信
 音楽だけではなく話題も豊富でとっても楽しいみみゆゆちゃんのブログ

硬岩乃讌
 アルバム単位でたくさんのHR/HMを紹介しているアメリカ在住のパグジー先生のブログ

シッポとタマゴ
 音楽大好きで可愛い8匹のダックスのオーナー紫らいおんちゃんのブログ

思い出の音楽
 幅広く音楽を好むゆき吉さんのブログ

ペイゾー's Web Site
 ギターコレクションがちょっと羨ましい(笑)ペイゾーさんのブログ

memory of the music
 結構幅広く洋楽を聴かれていておいらのツボにハマってしまうことも多い流れ星さんのブログ

Feel Fine
 自称ひよっ子らしいけど、好みがとっても近いShannonさんのブログ

茶谷涼介 In 簾舞中
 ギターに夢中で、既に素晴らしいプレイが可能な驚きの中学生茶谷くんのブログ

◆◇◆ EXPLOSION ◆◇◆
 その雰囲気とは裏腹に?(笑)普通の可愛い&楽しい女の子の一面を垣間見せてくれる女性ロックバンドCrazy PinkのキーボーディストKEIKOさんのブログ

Vocalist 海老原淳子の Smiling Avenue
 お酒でも呑みながらしっとりした雰囲気で聴きたいいわゆるスタンダードのヴォーカリスト海老原淳子さんのブログ
ペット3匹衆
プロフィール
HN:
John
年齢:
52
HP:
性別:
男性
誕生日:
1967/04/18
趣味:
音楽全般
お天気情報

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ Crazy 音 遊 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]